ドーベルの真髄

今日で、クリッパーとベッタリくっついて4日目。

家でノホホ~ンとしている分には、ま~ったく問題ないのだが、
さすがに他所の家や、他所の土地に行くと、テンパリ指数は100%。
・・・・ただでさえ無い『落ち着き』が、
『皆無=まったくなくなる事』になっちゃうってんだから
見てるおいちゃんも、ビックリよ(笑)。

そんなクリボンが他所様の家で、「キング オブ ペット」な様子を披露した。


芸の題名はズバリ「耳掃除」。


彼は耳掃除が、三度の飯より大好きだ。
多分私なんか、「耳掃除してくれる人だから好き」程度にしか思われていないだろう。
で、何が芸なのかと言うと、その耳掃除をしている最中、
「はい、反対の耳~」と催促すると、パンパカパ~ン♪♪♪
コロンと頭をヒックリ返し、違う耳を出すので~す♪

しかもこんな格好で・・・↓↓↓

この写真。まるで体中の関節をはずせる、「ルパン三世」じゃないですか。


e0027529_1263255.jpg








しかし・・・
観客に←?「かわいい~!」「おりこうさんやわあ~!」と、
ヤンヤ、ヤンヤの大喝采をうけたはいいんですが、
この芸を見て

「ドーベルマンって、やっぱり賢いのね!!!」

・・・などと言われると、
良心が痛むのは・・・・何故なんでしょうか?



多分、ドーベルマンの真髄はここにはないと思います、村林のおばあちゃん。

[PR]

by crippers | 2005-09-08 20:46 | clipper