タイの野良犬事情

先日テレビをつけると、
ちょうど一年前に起こったスマトラ沖地震の映像が流れていた。
この破壊しつくされた現場で活躍したのは、
血統書付きのいわゆるエリート犬ではなく、
タイの苛酷な気候に順応できた雑種の軍用犬だったそうである。

タイでは毎年4万頭の野良犬が保健所で殺されていたそうだが、
犬好きの現国王の指示と、殺生を禁止する仏教の教えを見直す意味で
犬を捕えて殺す事をしなくなったらしい。
そのかわり、一旦捕獲して無料でワクチン接種及び避妊を施し、
元の場所に返せる犬は返し、噛みグセ等問題のある犬は一生センターで過ごす。

今回スマトラの救助活動で活躍した軍用犬は、このセンターの出身。
犬を訓練し活躍する場さえ与えれば、
雑種でも血統書付きの犬もみな同じ、という考えからである。
国王自身の飼い犬も、このセンターの元野良。
・・・・この人、ある意味本当に犬好きなんだと思う。
それは犬種にとらわれる事のない、
純粋に「犬という形をした生命」に対する愛情ではないだろうか。

逆に、これだけ愛犬ブームに沸く日本だが、
水面下では飼えない、飽きたという身勝手な都合を含め
年間19万頭の犬が殺されていくという。
日本のブランド犬。タイの野良犬。
どちらが幸せかは一概には言えない。
だが、タイの人達のように


『命の重さに人間も犬もないのだ』



という事を、日本人である私たちが心の底から理解できれば
「いらなくなった→保健所」という選択肢のある愛犬ブームも、
「本物の」ブームに変わっていくんじゃなかろうか・・・・という気がした。



OMAKE・・・・【うちの犬事情】


e0027529_10362019.jpg
床で寝てしまったスギちゃんを背もたれに、
何を見ているのかと思いきや・・・・

→ → → → → → → →







e0027529_10363463.jpg
→ → → → → → アイヤ~これでした~~。

ちゅ~か、おっさん、
かなり真剣に見てるんですけど(笑)。

「訓練なんて、ダルくてやってらんねーぜ」
とぼやくタイの野良犬と→
「だよね~~」と賛同するクリ夫。
何でもいいけど、
↑ 見てやって下さい、このイッチョ前な格好を(怒)。

[PR]

by crippers | 2005-12-27 10:08 | 私事